サークルの飲み代や携帯代の支払いなど生活費や交遊費に困っている大学生は多いのではないでしょうか。しかし、周りの友人や親にお金を借りるのはとても勇気が要りますよね。そんな大学生が月末を乗り切りたい時、一時的な借入が必要な時は消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか?

1大学生や専門学生が10万円を借りるために気をつけたいポイント3選

学生10万円借りる大学生や専門学生でも消費者金融でお金を借りることは可能です。しかし、収入が少ないため、しっかりとポイントを抑えておかないと審査に通らない可能性があります。

1つ目のポイントはアコムやプロミスなどの銀行系の消費者金融を使うことです。銀行系のカードローンは利息が低い点が魅力的ですが、審査が厳しく学生だと通らない可能性が高いのに対し、銀行系の消費者金融は審査が緩めなうえにネームバリューもあるので安心して利用できます。身分証とスマホだけで申し込みできる点も便利と言えるでしょう。

2つ目のポイントはアルバイトをしていて収入があることです。消費者金融でお金を借りる上で大切なのは安定した収入があることであり、親からの仕送りは安定した収入として認められないため、アルバイトをしていないと審査には通りません。

3つ目のポイントは申し込み時の限度額は10万円までにすることです。学生の場合稼ぐことが出来る金額が限られているため、稼いでいても10万円以上は審査厳しくなります。

2決め手は3つ!少額利用したい時の注目ポイント

消費者金融は利息が高いイメージがありますが、少額借入で利息を抑えたい時には消費者金融の方が便利です。消費者金融の場合、初めて利用してから30日間利息が一切かからないキャンペーンを開催していることが多々あります。そのため、10万円程度の少額借入の場合に短期間で返済出来る見込みがあるなら消費者金融の方がお得です。

また、家族にばれたくない時に便利なのも消費者金融を利用する決め手と言えるでしょう。消費者金融の場合インターネット上で手続きを終えることが出来るので郵便物が一切ありません。そのため、家族にばれる心配がとても少ないです。

また、すぐにキャッシングをしたい時にも消費者金融はとても便利です。家の近くにあるコンビニのATMでお金を借りられるため、お金に困った時にすぐに追加で借りることが出来ます。また、しっかりと返済をするためにも返済が便利なほうがいいでしょう。この点においてもコンビニATMでの支払いや銀行振込など様々な方法に対応しているので便利です。

3不安ならお試し仮審査と返済シュミレーションもできます

キャッシング 学生 限度額

消費者金融は基本的に20歳以上で安定した収入があれば利用することが出来ます。しかし、審査が不安ならSMBCモビットのお試し診断や返済シュミレーションを事前に行ったうえで申し込むと良いでしょう。

お試し診断は事実上の仮審査であり、名前や住所、電話番号に加えて、今の年収や勤務先などを入力するだけで審査を受けることが出来ます。結果が出るまでにかかる時間は10秒程度とかなり早いので、これから消費者金融を利用したいけれども審査が不安な時にとても便利と言えるでしょう。

ただ、各社によって返済額や返済回数が異なるので、SMBCモビットのお試し診断で審査に通ったからと言っても他社に申し込んで審査に通るとは限りません。

SMBCモビット以外の大手の消費者金融でもお試し診断に近い仮審査を行っているところが複数あるので、自分が利用したい消費者金融に仮審査サービスがあればそれを利用しましょう。

>>SMBCモビットでお試し診断してみる

4カードローン利用者の半分以上が生活費などへの小額利用

キャッシング学生少額利用

消費者金融・サラ金という言葉に良いイメージを持っていない人が多く、カードローンを利用しようと思っていても、なかなか借りる勇気が無くて利用できないという人も多いです。

しかし、10万円未満ならすぐに返済をすれば利息が一切かからないので周りの人にお金を借りるよりも気軽に利用できると言えるでしょう。

それに、カードローンの利用目的に関しても半分以上が生活費などへの少額利用となっており、ちょっとお金が足りない時にカードローンを利用している人が多いと言えます。

そのため、大学のイベントなどのための交遊費や飲み会代などの交際費でお金が足りなくなってしまってもすぐに返済出来る状態であるならカードローンを利用することはメリットだらけです。

万が一すぐに返済できない状態でも毎月数千円からの返済が可能なので、返済によって生活が圧迫されてしまう心配もありません。

5銀行系キャッシングより親にばれない消費者金融がおすすめ

学生10万円消費者金融

銀行系カードローンは審査に必要な時間がとても長く、早くて3日、遅くて2週間程度お金を借りるのに時間がかかります。そのため、審査の結果が出るまで不安ですが、消費者金融系カードローンは数時間で結果を知ることが出来ます。

また、月収が学生のアルバイト程度の収入であっても継続した収入があれば申し込めるため、審査不安という負担が少ない点も消費者金融系カードローンの大きなメリットです。

カードローンのイメージは消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンの方を連想させる人が多いでしょう。

しかし、大学生などまだ収入が安定していない身分である場合、銀行系カードローンは審査が厳しく通らない可能性が高いです。

確かに利息の安い銀行系カードローンは魅力的ですが、学生の場合は消費者金融系カードローンを利用すべきと言えるでしょう。

おすすめの記事