・アルバイトでも借りることはできます!安心してください!

アルバイトやパートだと、お金を借りられないと考えている人も多いみたいです。でもそれは大きな間違いです。アルバイトやパートでもお金を借りることはできるんです。今月生活費が足りなくてピンチとか、どうしても休養でお金が必要なんて時も安心してください。
お金を借りる方法には、銀行や消費者金融が提供しているキャッシングやカードローンのサービスを利用するのがおすすめですね。学生さんの中には親にばれるのが怖いと感じる人もいるかもしれませんが、親にばれないで借りることも可能なんです。どうしてもお金が必要になった時は、キャッシングやカードローンからお金を借りると良いですよ。
次の項目からは、アルバイトやパートの学生さんがお金を借りるための具体的な情報をチェックしていきましょう。

・アルバイトでもお金を借りる条件とは?

銀行や消費者金融からお金を借りれるのは正社員だけと誤解している人も多いんじゃないでしょうか?しかし、アルバイトでも条件を満たしていればお金を借りられます。その条件とはどういうものなんでしょうか?アルバイトの人の多くは年収の低さを気にしているみたいだけど、あまり気にしなくても大丈夫です。年収が低くてもOKで、むしろ大切なのは安定した収入があることと、20歳以上であること、毎月1回以上給与があることなんです。
ほとんどのアルバイトでは、月に1回、決まった日にお給料がもらえると思うけど、これは安定した収入があることという条件も満たしますね。あとは20歳以上なら問題ありません。未成年の場合は、保証人がいないとお金を借りるのも難しいので、親にばれることになってしまいます。まだ未成年で、親にもばれずにお金を借りたいという人は残念ですが20歳になるまで待ちましょう。
逆にここで紹介した条件を満たしていれば、お金を借りられる可能性もぐっとアップするんです。アルバイトだからと諦める必要はないんですね。

・学生でも即日お金を借りる方法

お金に困っている時って、今日中にお金を用意しないといけない状況も出てきますよね。急な飲み会がはいってしまったとか、大切な用事をすっかり忘れていたとかです。アルバイトでもお金を借りられるのはわかったものの、即日で借りることはできるんでしょうか?
今日中にお金が必要という時は、消費者金融を利用しましょう。アコムやプロミスなどの消費者金融は即日融資も可能だからです。申込方法も複数あって、ネット申し込みを利用したり、自動契約機を利用したりできます。ネット申し込みならスマートフォンからでも大丈夫ですね。
自動契約機を使って申し込みする時の注意点は、自動契約機は受付時間や営業時間があるので注意しましょう。深夜なんかだと、すでに受付時間が過ぎていて申し込みできないこともあります。できれば午前中、遅くても夕方までにはネット申し込みか、自動契約機で申し込みを済ませるのが理想ですね。そうすれば必要な手続きを即日で済ませて、その日のうちにお金を受け取ることも可能ですよ。

・銀行と消費者金融だとお金を借りやすいのはどっち?

銀行も消費者金融もどちらもキャッシングやカードローンを利用できるわけだけど、お金を借りやすいのはどっちなんでしょうか?結論から言うと、学生さんは消費者金融がおすすめです。より具体的に違いを見ていくために、10万円を借りた場合のシミュレーションをしてみましょう。
消費者金融から10万円を借りたとして、12ヶ月で返済を終わらせるとしましょう。返済時にかかる利息は年率で18%と仮定します。この条件のだと、毎月の返済額は9,167円で、最後の月だけ9,174円を返済する形になります。
支払総額は110,011円で、10,011円が利息分ですね。条件が同じなら、銀行から借りても返済額や利息分の金額は同じになるけど、消費者金融には銀行にないメリットがあるんです。
たとえば金利の違いがその1つで、消費者金融には30日間無利息サービスなど、利息がお得になるサービスやキャンペーンが豊富です。銀行にはこうしたサービスはあまりないんです。金利が違うと返済金額の違いも出てきますよね。消費者金融は無利息の期間がある、これは重要なポイントです。
しかも消費者金融は基本的に保証人が不要で、銀行から借りる時のように保証人を用意する必要がありません。消費者金融は会社によっては在籍確認もないので、家族やアルバイト先の人にばれる心配もなくなります。
こうした消費者金融のメリットを考えると、消費者金融は審査が銀行よりも通りやすいのが最大の特徴で、逆に銀行はデメリットが多く学生さんにとっては使いづらいんですね。

・バイトだとカードローンやキャッシングの限度額はいくらぐらい?

次にアルバイトだといくらまで借りれるのか限度額を見てみましょう。消費者金融は総量規制という決まりがあって、限度額が法律で決まっているんです。じゃあ限度額はいくらなのかは、年収の3分の1が目安になります。総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を借りられないという決まりなんですね。そのため、アルバイトだと100万円などの高額の借入は不可能だと考えておきましょう。カードローンやキャッシングの申し込みは10万円程度にするのがよいですね。このくらいの金額なら、アルバイトの学生さんでも総量規制に引っかかることが少なくなります。
つまり、限度額がいくらになるかは年収によって変わるので、1人1人違います。自分の年収をチェックして、その3分の1くらいまでなら借りられると想定しておきましょう。また、年収の3分の1の範囲内に収まっていても、いきなり高額を申し込むと断られてしまう可能性が増えます。10万円くらいを目安に、必要最小限の金額で申し込みすることも大切ですね。

・審査のポイントや、審査落ちする人の特徴は?

消費者金融からお金を借りるには、申し込みの後に審査を受けないといけません。審査のポイントと、審査に落ちてしまう人の特徴をそれぞれ見てみましょう。まずは審査のポイントからです。

★勤続年数が長く安定した収入がある
★他社の借入件数が少ないと審査に通りやすい
★収入証明証や源泉徴収票などの収入証明があると審査に通りやすい

以上です。勤続年数が長いということは、それだけ収入も安定しているということになりますよね。そのため審査でも高く評価されることが多いみたいです。
他の消費者金融から借入件数が少ないのも大切ですね。たくさんの消費者金融からお金を借りている人は、返済がちゃんとできていないんじゃないか、そう思われてしまいます。別な消費者金融の返済に回すためにお金を借りようとしてるんじゃないかと思われてしまうんです。
消費者金融へ申し込む時は年収を深刻するんですが、これは自己申告なので嘘をつこうと思えばつけます。そこで自分の収入を証明するために、源泉徴収票などの収入証明書があると安心です。

次は審査落ちしやすい人の特徴です。

★在籍期間が極端に短いと難しい
★多数の借入があると審査に通りづらい
★スマホ代の滞納によるブラックリスト入りしていると借入は厳しい

まだアルバイトを始めたばかりだったり、他の消費者金融からたくさんお金を借りている人は審査で落ちてしまう確率が上がります。返済能力に乏しいと判断されてしまうんです。
もう1つ最近多いのがスマホ代の滞納です。スマホ代の支払いが送れているとブラックリストに入ってしまい、審査の時に落ちてしまいます。お金を借りる前には必ずスマホ代をしっかり払っておきましょう。

・バイト先に在籍確認がないところはある?バレずに借りる方法

消費者金融に申し込んで審査を受けると、在籍確認があるのが一般的です。これはアルバイト先に消費者金融のスタッフが電話をして、申し込んだ人、つまりあなたが本当にアルバイト先で働いているかを確かめる作業です。悪いことをしているわけじゃないけど、アルバイト先の上司なんかにお金を借りようとしているのがばれるのは嫌なものですよね。
在籍確認が嫌な時は、在籍確認不要のカードローンやキャッシングがおすすめです。最近は在籍確認しない消費者金融も出てきているので、そういうとこを選べば安心です。念の為、収入証明書や給与明細があれば、それを見せることで在籍を証明できます。
ちなみに、在籍確認では勤続年数や勤務態度を問われることはありません。在籍さえしていれば良いので、消費者金融のスタッフも余計なことは聞きませんし、消費者金融の名前を出すこともないんです。個人名で電話して、〇〇さんはいますか?と聞く程度で終わります。
在籍確認ありの消費者金融から借りたい、でも在籍確認は嫌だという時は、電話で在籍確認をなくしたいことを相談してみるのも良いと思います。もしかしたら在籍確認なしで手続きできるように考えてくれるかもしれませんよ。

・短期や派遣のバイトでも借りることはできるの?

短期や派遣のバイトだもお金は借りることはできるのか?これは条件を満たしているかどうかによって変わります。短期バイトや派遣でも安定した収入があれば借入はできますし、派遣会社に所属していれば審査に通りやすいというメリットも生まれます。
申し込みする時に、掛け持ちのバイトは全て申告するようにして、安定した収入があることをわかってもらいましょう。ただ、日雇いバイトは在籍確認がしづらいので、審査に通るのも難しくなるかもしれません。なにせ1日単位でバイト先が変わってしまうので、在籍確認するのが難しくなってしまいます。
日雇いバイトは在籍確認の問題があるものの、基本的に短期や派遣のバイトでも審査に通って借入できる可能性は十分にあります。諦める必要はないのでまずは申し込みしてみるのがおすすめですね。

・キャッシングの使い道は生活費やサークルの飲み代でもいいの?

キャッシングで借りたお金はどんな目的で使っても大丈夫です。資金使途は制限されていないので、電話代や水道光熱費でもOKですし、学校のイベントや飲み会の費用、学費に使っても問題ないんです。消費者金融から借りたお金は自由に使えると思ってください。
でも、生活費に使う場合は使いすぎに注意することも忘れちゃいけません。お金を借りて生活費に使えば楽になるものの、借りたお金は返済しないといけません。調子に乗って使いすぎると後で返済が苦しくなります。どうしても必要な時だけ借りるのが大切ですね。
ちなみに、銀行のカードローンは資金使途が厳しいので、消費者金融のように自由には使えません。これも銀行のデメリットの1つで、消費者金融の方が柔軟な使い方ができて便利です。

・今すぐお金を借りるならアコムやプロミスなどの消費者金融がおすすめ

今すぐお金を借りたい時は、ネットからでも簡単に申し込みができて、即日融資も可能なアコムやプロミスなどの消費者金融がおすすめです。無利息期間も上手に利用して、なるべくお得に返済していくよう意識するとさらに使いやすくなります。
でも、注意点もあります。必要以上に借りすぎないこと、きっちり返済を行うこと、この2点は絶対に守るようにしてください。じゃないと後で返済ができなくなり苦しむことになってしまいます。借りすぎには注意して、本当に消費者金融から借りた方が良いのかを考えてから申し込みしましょう。これがキャッシングやカードローンと上手に付き合うコツですね。
消費者金融ならアルバイトの学生さんでもお金を借りられます。返済のことも考えて、上手に活用すればいざという時も安心です。

おすすめの記事